Home

妊婦はじめました。

入院3日目

今回の病院は産科食なんかはやってないんですけど
治療に関しては本当に満足!

術後がすごく楽だし点滴も少ないし回復も速くて大満足です

ガス出る前でも手術翌朝から7分粥のご飯を食べさせてくれるので
体力回復が早かった
点滴も手術翌昼には抜けて
硬膜外麻酔だけに
この麻酔のお陰でかなり痛みも楽です

肌が弱いことを伝えるとテープも一番肌に優しいものにしてくれたり
金属アレルギーに合わせて縫合も変えてくれたり
アルコール消毒は大丈夫かと確認してくれたり

細かいところまですごく気を使って貰えて嬉しかったです

ご飯が豪華な産科食でなくても全然良いやと思えますー

そんな手術翌日

夜間授乳もしつつ6時過ぎに目覚めて
起きて少ししたら震度3の地震
大阪にしては珍しい
ちょい驚いた

朝から痛み止の座薬を入れて貰い
立ち上がれるか、足踏みできるかやってみて
出来たので道尿を外して貰いました
ポータブルの心電図も同時に外して貰う

血液検査の結果が出た後には点滴も外れ自由の身に!

そのあと朝食を完食
丸1日半ぐらい食べてないのでお粥や味気ない野菜でも美味しい美味しい…

で、腰を屈めて痛みに耐えながらトイレにも歩いていって

昼食もほぼ完食
さすがに美味しくなくて残した…お粥はもう2回目以降はキツいw

体をふいて貰ったり髪を束ねたりある程度動けるようになったけど
まだまだ子宮の縫ったところがズキズキ痛んでしんどい…

子宮収縮もすごくあったのに硬膜外麻酔のお陰で痛みは殆ど無し

ほんとに、かなり回復が早いです
母乳マッサージしてもらって
夕飯の頃には結構動けるようになってました

夜家族が面会に来てくれたときもホールまで歩いて面会できたり
とても術後24時間程度とは思えない回復ぶり!
3度目は前回よりも痛みが激しいのは間違いないですが
麻酔のお陰でかなり緩和されました

本当、ありがたいです

授乳はまだぼちぼちです
赤ちゃんが羊水を吐ききれてなくて食欲がまだ出てこないみたい
帝王切開児は圧迫されずに産まれるのでそういう子が多いみたいで
まぁ極端に体重減らない限りはミルクも与えてないとかで
ほんとこの病院母乳に力入れてるんだなーと感心しました
退院する頃には完母になってたりしそうですね(*´ω`)

入院2日目、出産

昨夜から絶飲食なのに風邪気味で喉がカラカラ(´・ω・`)つらいです
術後に水が飲めるようになったら即飲むぞ!

朝から浣腸、内診をしてもらい
術衣に着替えて、点滴を入れ
あとは手術時間待ち

手術の内容はあとでのんびり書くとして

ひとまず出産のご報告!

3人目は女の子
2010/07/20 15:13
体重:3018g
身長:49cm

可愛い、嬉しい、幸せですね(*´ω`)
卵管結紮もしたのでもうこれで最後だと思うと尚更この時間は貴重です

現在は硬膜外麻酔のおかげで痛み止なしで過ごせてます
たまに収縮がきつくていたたたたっとなるものの
眠れないほど痛むこともないので
明日の朝に備えてのんびり寝て、授乳もしてみたりする感じですー

入院1日目

2010071912010000.jpg P1000017.jpg

今日から暫く記録的日記になりまーす

午前中入院
荷物運びの旦那さんには特に用もないみたいなので
義実家の子供達のところに戻ってもらう

入院時の説明を色々受けて
NST
少し張りがあったり弱まってたり
相変わらず赤子は元気イッパイ過ぎるぐらい元気

昼食

普通の病院食、うまくもなくまずくもなくw
白米・鶏の山椒焼・添え物はブロッコリー
ツナソテー・変わり豆腐・茄子の味噌汁・パイナップル・漬け物

私の場合乳製品が若干ダメなのでほんのり献立が違うみたい

午後もう一度NST
張りは1度あったけど昼前より落ち着いてる

シャワーを浴びて髪乾かしてご飯待ち…眠いデス。
おやつ食べちゃおうかなとか言ってお菓子食べてみたり
相変わらず元気なのに入院、はだるいです

夕食

ゆかりご飯・湯引きハモ&梅肉
カニアンカケ・ソーメン汁・肉団子の甘酢あん
梅しば・メロン

梅率高すぎるw私は好きだから良いけど。

ここの総合病院は産科食はないみたいでガッカリ
早く退院して美味しいご飯が食べたいよ(;д;)とほー

前回は別の総合病院だったけど
ご飯がめちゃくちゃ豪華で美味しかったので尚更悲しい
不味いとは言わないけど美味しいかって言うと…フツー。なんだな。

食べられるようになったら旦那さんに美味しいもの差し入れて貰お!

あとは明日の手術のおかげで食えないし
ふて寝するしかないね…やれやれ

高額療養費制度と限度額認定証

以前にも高額療養費制度の話は書きました
2010年現在は制度が始まって数年経過し
事前申請が主流になっているので
改めて書いておきたいと思います。

普通の分娩だと、全額自費なので関係ない話ですが
帝王切開となると話は別で
保険適用になる費用が発生してきます。

そんな時に便利なのが高額療養費制度
現在は一般的に上限金額80100円です
それを越える分の医療費を窓口で支払う必要が無くなります。
もちろん、帝王切開部分の費用なら
大抵は8万円は越えるはずなので活用すべきです。

以下は社会保険庁のページからの引用ですが

〈高額療養費の現物給付化〉
70歳未満の方であっても平成19年4月より、入院に係る高額療養費を現物給付化し、一医療機関ごとの窓口での支払を自己負担限度額までにとどめることができるようになりました。この制度を利用するには、事前に全国健康保険協会に「健康保険限度額適用認定申請書」を提出し、「健康保険限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に認定証と被保険者証を提出してください。

小難しく書いてますが要約すると
自分が加入している健康保険協会に
まず
限度額適用認定申請書
と言うのを提出します。
病院で貰える場合もありますし、大きな会社で自社で
健保を持っているところなら直接言えば貰えます。
また、けんぽ協会などではネットで印刷できるようになってます

私は現在旦那さんが割と大きな会社に転職したので
その会社の健保が用意しているサイトから印刷しました。

で、限度額適用認定申請書に必要事項を記入したら
それを郵送などで提出して
限度額適用認定証を発行して貰いましょう。
それを医療機関の会計窓口等に提出して
ようやく事前申請完了です。

注意点としては、必ず申請書を出して、認定証を貰う必要があること
ですね。この辺りが混同しやすいかと思います。
窓口に提出するのは認定証の方です。

実は大きな企業の健保なんかだと、この限度額が
4〜5万円だったりする場合もあると
いつもお世話になっている保険屋さんに聞いて
私の所は?と確認すると上限25000円でした
すごくラッキー。3人目で正直お金無いって思ってたw
しかも調べてみると育児一時金も45万支給とかで
病院窓口に事前申請して42万円差し引きされて
後日3万円は会社の健保から頂けるとかで
今回はほぼ卵管結紮費用+アルファ程度で出産できそうです

私の場合帝王切開で任意保険が下りないので
(1度目の帝王切開時に保険未加入だった…不覚です。)
本当に助かります。

そうそう!注意事項があと一つ!

以前の記事にも書きましたが、あくまでも
高額療養費制度は「1ヶ月の医療費」に適用されるものです
月をまたいでしまうと、その分目減りしてしまうので
最悪上限額に保険適用費用が達しないと言うこともあり得ます…
私は前回それで数万円払い戻しが無くなりました。

予定を自分で決められるなら、是非月はまたがずに
帝王切開を受けたいものですね。

卵管結紮(らんかんけっさつ)

今回、3回目の帝王切開で
更に2度目では切迫子宮破裂を起こした私w
流石に4人目は経済的にも体力的にも、まぁ年齢的にも(現在35才)
考えていないので、不妊手術をお願いしました。

医師からも勧められたって言うのもありますし
夫婦仲は良い方だと思うので
うっかり出来ちゃったら大変ですしw

ちなみに、1度目の帝王切開の後は
避妊リングを入れていました
が、あれはどうも違和感があったり生理の経血が増えたり
デメリットもそれなりにあったと思います。
メンテナンスも必要なので大変ですし、高額です。
ただ、次回以降の妊娠には全く影響しなかったので
その点は良かったです

卵管結紮は卵管をくくったり、切ったりして(大抵はくくるだけだそうです)
卵子が子宮に降りないようにして、そのまま体に吸収される
と言うことで、くくった卵管をすり抜けるようなことでもなければ
99%避妊可能という優れものの避妊方法です
避妊というか、不妊ですけどね
ほどいたからって元通りになる可能性は低いようですし
本当にもう「子供はこれ以上必要ない」
万が一離婚再婚して他の人の子供、なんてコトでも想定しない限りは
悩む必要はないかと思いますw

費用は全額自費ですが、帝王切開ついでなので今回は
7万円
と言うことでした
個人病院でも総合病院でもこの金額だったので
帝王切開のついでならこのぐらいがどこも相場かも知れないですね。

病院にも寄ると思いますが、 内視鏡手術などで
開腹せずに受ける場合は倍ぐらいの費用がかかるそうです。

もちろん、100%出来ないという保証はありません
1000人に一人ぐらいは妊娠してしまう人もいるとか
でもまぁ、そんなに産まれてきたいなら産んでも良いかと思うか
堕胎するかになってきますよね(;´д`)
こればかりはもし妊娠したら相当運が良いのか悪いのか
ってお話しですよね。

うちはそうなってみないとわかりませんが^^;

と言うことで、帝王切開3回目ともなると
医者にも4回目はやめといた方が良いって人が多いみたいです
一応は5人までは受けてくれる病院もあるようですが
やはりリスクはどんどん高くなるし
年齢も待ってはくれないですし…今後一生に使うコンドームの
購入費用とか考えたら案外安いかも知れないですよ? w

私は肌荒れがひどく、お肌が弱いのでゴム駄目なんで
卵管結紮は二つ返事でやるって言いましたw

※実際の感想はまた後日、実施後にここに追記します。

3度目の帝王切開

私の場合、普通の帝王切開3回目の人よりも
確実にリスクは高いです。
前回、切迫子宮破裂を経験しているので
今回も同じく傷が薄くなってる可能性があるからです。

また、これは普通に帝王切開を重ねている人と同じですが
傷口の腸との癒着
大抵の人は癒着があります
ただ、程度の差は色々です。

私は去年大腸カメラをやる羽目になって
その時に癒着のせいでかなり痛い思いをしたので
傷が癒着しているのは間違いないです。

これはお医者様にも説明済み。

なので、手術時間は若干前よりも長いかも知れないと言われました
切って、癒着を剥がしてから子宮の切開に入るので…
あと、癒着がヒドかった場合は
今後癒着しにくいように処置をしておくらしく
それに関しても使用する薬などのリスクに対する同意書などがありました

ただ、今回は硬膜外麻酔を実施して貰えると言うことで
かなり痛みに関しては楽になりそうです。

母子同室で、術後すぐから同室できると言うことでしたが
私は出来れば授乳以外は勘弁して欲しいですw
歩けるようになったら良いですが、痛みがキツければ
授乳以外はお願いしたいぐらいです
だって、家に帰ったらずっと付きっきりなわけで…
出来れば病院にいる間ぐらい、傷の回復もあるし
ゆっくりしたいじゃないですかw

その辺りは臨機応変に対応してくださるようなので
適当に頑張りたいと思います^^;

そうそう、3人目でよくある卵管結紮についてはまた別の記事で。

3度目と言うことで、こちらも慣れたものですが
痛みや、点滴まみれになるとか、術後に関しては
慣れるものではないですね…憂鬱です(;´д`)
ま、切らなきゃどうしようもないので覚悟は決めてますけど
普通分娩出来るって本当に幸せなことだと思いますよw
難産だったとしても、毎年冬になると傷が痛むとかかゆくなるとか
そう言うことにはならないですしね
やっぱり手術というのは体にすごく負担だと思います。

今回はもう少し傷、キレイに治ってくれると良いけど…無理かなぁ?
いつも冬になるとかゆくてしょうがないのです(´・ω・`)

2010年3人目の妊娠出産費用

健診費用の一覧です。順次追加予定
子供の幼稚園行事で行けなかったりしてます
今回は3人目というコトで回数が若干少なくなってしまいました…

妊婦健診費用(妊婦健診は全部大阪市の健診無料券を使用)

  • 2010/12/18(6w0d)  初回診察
    4160円
    妊婦健診ではないので保険適用・エコーで妊娠確認
  • 2010/01/09(9w6d) 妊婦健診1回目
    領収書無くしたけど13000円(前期検査費用込み)ぐらい…
  • 2010/02/20(15w6d) 妊婦健診2回目
    2800円
  • 2010/03/20(19w6d) 妊婦健診3回目
    2800円
  • 2010/04/17(23w6d) 妊婦健診4回目
    2810円
    再診料が少し値上げされたらしい
  • 2010/05/15(27w6d) 妊婦健診5回目
    2030円
    エコー無料券と補助券のお陰でいつもより少し安いです
  • 2010/06/07(31w1d) 妊婦健診6回目
    5845円
    出産する病院へ転院、初診料高し。
  • 2010/06/17(32w4d) 妊婦健診7回目
    5020円
    病院が違うため必要な検査をやり直す
  • 2010/07/01(34w4d) 妊婦健診8回目
    8100円
    術前検査等検査漬け。

利用可能なときは、なるべく高額な割引が受けられる
健診の無料券を出すようにしていましたが
それでもこの金額です。以前と比べれば格安…にはなってるのかなぁ?
エコー無料券(35才なので1枚貰えました)も使ってるのにこれですからね。

Home

ランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ 人気ブログランキング
検索
カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
年月別アーカイブ
  • ものぐさ無添加生活
  • 絵文字ネット
Googleリンク
参加サイト

Return to page top

アクセス解析