Home > 帝王切開・VBAC Archive

帝王切開・VBAC Archive

VBACの成功率って何なのか。

まず最初に、数字で示したい訳じゃないので
成功率を詳しく数字で知りたい方は
別のサイトをご参照下さい。
まぁ概ね50%〜80%と書かれているでしょう

経膣分娩歴の有無や前回帝切理由によっても変わるので
私個人はあんな大雑把な成功率って数字に意味はないと思ってます。

いくら80%成功するって言われてたって
子宮破裂が自分に起これば死ぬかも知れないわけですし
成功率なんてのは
自分がVBACをやるかやらないかって考える上で
役に立たない数字だと思うんです。
例えば100%成功するなら迷わずやりますけど
99%は大丈夫ですが1%は死ぬかも知れません
って言われて、もし死んだら…それって自分にとっちゃ
100%死んでるって話になるわけですよね?

死を含めて大きなリスクはあります
でも成功したらバラ色の産後が待ってます

そう考えたときに、病院、スタッフ、自分の妊娠経過
色々なことを考慮した上で決断するべきであって
成功率が80%だからきっと私はその80%に含まれるはず
と言って決めるべきではないと思うんです
結果として20%に入ったって、それは自己責任ですから。

私は子宮口9cm開いたところで切迫子宮破裂って言われ
緊急帝王切開で、無事に出産して
傷が気になりつつも、毎日元気に過ごしています
それで満足しています
やらなきゃ良かったなんて微塵も思ってません。

成功率を気にする前に、100%安全な出産なんて無いんですから
どんな事態が起っても大丈夫か、を自分の中で考えて
それでもやるんだ、と思ったらやるべきでしょうし
やっぱり怖い、と思うなら予定帝王切開にすべきでしょう
結局、自分が後悔しない選択を自分でしていくしかないんですよね

だって、自分と、お腹の子供の運命を委ねるわけですからね
あの時もし、子宮破裂して母子共に死亡なんてコトになってたら
旦那や息子に申し訳が立たないなぁと思うわけですが…
それでもこの病院の先生や助産師さん達なら
私だけでも生かしてくれるだろうと思ったから挑戦できたわけです。

成功率って数字は確かに存在します
でも、産まれてくる子供や、自分の出産は
数字でひとくくりに出来るものではありません
決断に迷うなら、数字に振り回されず
自分や家族の状況、産科の医師や設備等々
自分のケースはどうなのか
と言うことをよく検討して決断すべきだと思うのです。

あああ、まとまりがない文章になってしまった(;´д`)

形成外科に傷のことを相談してみた。

退院後全く更新できてなかったわけですが
久々に真面目に更新。
退院時の話はまた後日書けたらと思いつつ、時間が無いったらw

で、傷の話です。相変わらずケロイドというか
肥厚性瘢痕になりそうな気配です(´・ω・`)
なので形成外科に相談してみました。

カウンセリング料3150円でした。
思ったよりも良心的〜

結局、体質に依るところが大きい
と言うのは今までに産婦人科でも言われたとおり
形成外科の先生にも言われました。

縦の傷はどうしても盛り上がりやすい、とも。
横だと盛り上がったりしにくいけど
私の場合2度目にVBACするつもりだったので
万一、緊急帝王切開になったら
縦に切るよと言われたので、じゃぁ縦で
とお願いしたんですよね。
結果として2度目は緊急帝王切開になったので
縦に切っておいて大正解だったんですけどね
今回3度目の帝王切開では
卵管結紮もして貰ったので、縦だとやりやすかったでしょうw

と言うか、横の傷は治りが遅いわけで…
産後めっちゃ大変ですよね。
実際普通に縦に切っても産後2ヶ月ぐらい痛かったりするし

ともかく現状、縦の傷で、盛り上がりやすいのは確実なので
対処法としては「半年間は様子を見てジェルシートで保護」
してはどうかと提案されました。

で、それでも大きな盛り上がりや傷が大きくなった場合は
飲み薬や、外科的処置も出来ますよ、とのこと。
もちろん「肥厚性瘢痕」と言う病名がついてるので
保険診療で可能ですと言うことでした。

個人病院なんかは自費でやってたりするから気を付けてね
とも言われたりw
私が行ったところは整形外科がメインで
傷のケアのために形成外科も併設されているって所でした

で、現状では傷跡保護シートを当てるのが良いらしいのですが
病院で扱ってるのはCica-Careで、4000円と言われたので
他に何か無いかネットとかでも探してみます
と言って特にその日は処方などはして貰いませんでした。

が、傷跡を診て貰った時に
縫合の糸が ぴよんと飛び出してる箇所があったので
そこの糸を切ってくれたんですよね、痛かったですけどw
そう言う処置までして貰ったのに
カウンセリング料だけで済んだのでした。
なので最初に書いた「良心的」って話に繋がりますw

結局家に帰ってネットでアレコレ探してみて
シカケアもトリポロンも、結局2週間とかしか使えないし
その割には5000円近かったりと高額なので

クリニセルMを購入することにしました。
1万円ぐらいしますが、半永久的に使えると言うことだったので…
で、購入したんですが
トリポロンと比べて明らかに違うのは
テープとかでなくて、純粋なシリコンジェルパックなんですよね
だからクリニセル自身には粘着力とか一切無く
傷跡に当てて、上からテープなどで固定する感じ

クリニセル固定シートが5枚入ってたんですが
半分に切っても10日、一瞬で使い切ってしまいました… w

なので慌てて追加購入
いや、包帯とかで固定してもOKなんですけど
面倒でしょ?
サージカルテープでもかぶれるしなぁって…
クリニセル固定シートでもかぶれないかどうか
正直まだわからないんですけどね

Mサイズのクリニセルをお腹の傷に縦に当てて
半分に切った クリニセル固定シートを上から貼って
左右に引っ張って伸ばして固定して使ってます。

使用開始数日で、明らかに盛り上がってた傷が
平らになりました。
まだ使い始めて日が浅いので
おいおいレポートしたいです

トリポロンの時は途中で傷が赤くなってきて
怖くなってやめちゃったんですよね><
クリニセルは粘着しないので
トリポロンよりは安心感があるかも
あと、服で傷跡が擦れて痛かったんですが
クリニセルで保護してると痛みも緩和されて良かったです。

なかなか長期的に使用したレポートって無いので
今後写真も撮ってレポできればいいなと思います。

3度目の帝王切開

私の場合、普通の帝王切開3回目の人よりも
確実にリスクは高いです。
前回、切迫子宮破裂を経験しているので
今回も同じく傷が薄くなってる可能性があるからです。

また、これは普通に帝王切開を重ねている人と同じですが
傷口の腸との癒着
大抵の人は癒着があります
ただ、程度の差は色々です。

私は去年大腸カメラをやる羽目になって
その時に癒着のせいでかなり痛い思いをしたので
傷が癒着しているのは間違いないです。

これはお医者様にも説明済み。

なので、手術時間は若干前よりも長いかも知れないと言われました
切って、癒着を剥がしてから子宮の切開に入るので…
あと、癒着がヒドかった場合は
今後癒着しにくいように処置をしておくらしく
それに関しても使用する薬などのリスクに対する同意書などがありました

ただ、今回は硬膜外麻酔を実施して貰えると言うことで
かなり痛みに関しては楽になりそうです。

母子同室で、術後すぐから同室できると言うことでしたが
私は出来れば授乳以外は勘弁して欲しいですw
歩けるようになったら良いですが、痛みがキツければ
授乳以外はお願いしたいぐらいです
だって、家に帰ったらずっと付きっきりなわけで…
出来れば病院にいる間ぐらい、傷の回復もあるし
ゆっくりしたいじゃないですかw

その辺りは臨機応変に対応してくださるようなので
適当に頑張りたいと思います^^;

そうそう、3人目でよくある卵管結紮についてはまた別の記事で。

3度目と言うことで、こちらも慣れたものですが
痛みや、点滴まみれになるとか、術後に関しては
慣れるものではないですね…憂鬱です(;´д`)
ま、切らなきゃどうしようもないので覚悟は決めてますけど
普通分娩出来るって本当に幸せなことだと思いますよw
難産だったとしても、毎年冬になると傷が痛むとかかゆくなるとか
そう言うことにはならないですしね
やっぱり手術というのは体にすごく負担だと思います。

今回はもう少し傷、キレイに治ってくれると良いけど…無理かなぁ?
いつも冬になるとかゆくてしょうがないのです(´・ω・`)

帝王切開の傷、経過

ドレニゾンテープから
通販したトリポロンに変えてからかなり良くなりました
紫&茶色だったケロイド寸前の傷も白っぽくなってきました
前にケロイドになったのはテープかぶれが原因で
ニッパーやガードルで締める以外何も出来なかったからだけど
今回はなんとかなるかも?
まだ2ヶ月だし半年ぐらいしないと結果は判らないけど…

もし法改正で通販で医薬品が買えなくなると入手できなくなるので
ニュースもチェックして買える内に予備が要るようなら買っておかないとね

トリポロンを帝王切開の傷に使ってみて。

紫って言うか、茶色って言うか
傷がケロイドになりそうな気配だった私の傷。

ドレニゾンテープでケアしてたものの
かぶれる寸前→使用中止→貼る→少し凹凸がなくなる
でもまたかぶれそうになる→使用中止
これの繰り返しで、ケロイドにならないようにするのが
精一杯って状態でした。

一応傷のデコボコした感じはドレニゾンで
だいぶよくなったんですけどね。
皮膚の回復がついて行かない感じでしたので
(お肌がかなり弱いです)
ネットで調べて、ネット通販でしか入手できないって言う
トリポロンって傷ケア用のジェルシートを購入して
早速使ってみてます。

使用開始してからはなるべく毎日。
お風呂の時にはがして、そのまま風呂場で
無添加石鹸で接着面を洗って
清潔な布の上に置いて乾かしておく
で、乾いてる方のを風呂後に貼る
その繰り返しです。

最初、ギリギリサイズに切っちゃって
失敗したなぁって思ったので
2度目からは大きめに余裕持って
ケチケチしないように使ってますw

いや、だって高いからついケチりたくなっちゃって
でもそれで本領発揮できなかったら
余計にモッタイナイってすぐに気付いたけど。?

2枚入りを買ったんだけど
1枚を縦に3本に切って使う感じかなぁ。
なので6本取れそう。
貼ってすぐにドレニゾンとの違いを感じました
どんどん肌の色が良くなってる感じです。
もう少し長く様子を見ないといけないですけど
またおいおい、どんな感じか報告します。

帝王切開には高額療養費制度

帝王切開しても高額医療費制度では殆んどお金は貰えませんが

高額療養費制度なら5〜10万以上戻ってくるかも知れません!
と言うことでネットで調べてみたけど、どうにもこうにもよくわからない
2007年の4月から色々変わってるらしいのでまだネットに情報少ないです。
てことで、こう言うときはお役所に電話で聞こう。

まず社会保険なので、最寄りの社会保険事務所に電話してみると
「高額療養費制度については政管健保に管轄が変わりました」
と言われ、電話番号を案内してくれた。

その日はかけたタイミングが悪く話中だったので諦めて
ホームページを確認すると
2008年10月から政管健保はけんぽ協会に変わりました。
とかなってた。

電話番号とかは変わりない様子なので
とりあえずサイトを見てみると、申請用紙のダウンロードコーナーが。
見てみると高額療養費支給申請書なるものを発見。
早速印刷してみた。
色々説明が書いてるけど、さっぱり意味が分からないw

書類の一番最初には、被保険者である旦那さんの名前や
保険証の番号だのを書けばいいのは分かるんだけど

傷病名ってどう書けばいいのかとか
通院分で保険診療の分は合算できるのかどうかとか
:他の制度により自己負担額相当額、または
その一部の支給を受けられるかどうか
って項目は育児一時金を含むのかどうかとか
標準月額報酬ってなんやろうとか

とにかく分からないことがいっぱいw

今日、協会けんぽに問い合わせたら
全部丁寧に教えてくれました。

とりあえず記入例をザックリ作っておきました。

見やすいように画像サイズ大きいです。

傷病名は帝王切開でOKって事でしたので
そのまま「帝王切開術」と記入。
通院分で保険診療分は税込み21000円以上でないと
合算は出来ないとのことなので、わたしの場合今回はナシ。
スの項目は育児一時金は含まないらしいので
受けられない、に丸を書いて、ナシに丸しておけばOK

標準月額報酬は…うち8月までなら標準だったけど
年度初めに旦那さんがすごい残業多かったので
微妙に53万越えちゃってました(TдT)
標準月額報酬は今年度の4〜6月までの
交通費まで含む税込み収入
なので
手取りは53万円も無いのに〜〜〜!
てか、交通費まで含むってどうよ。
遠くまで行かされた上に支給金額減るって…
しょんぼりですね。

ついでに、もし支払い口座名義が保険加入者の名前でない場合
例えば今回のような事例だと、嫁の名義の口座に
振り込みをお願いする場合。
2枚目の受け取り代理人の欄も記入が必要なので注意が必要です。
その場合、旦那さんの名前の横の印鑑と
嫁さんの名前の横の印鑑は別のモノを使わないといけません。
で、肝心の申請方法ですが

振込先まで記入した用紙と、医療費の領収書のコピーを
社会保険なら管轄の協会けんぽに郵送するだけだそうです
払い込みまで約4ヶ月かかりますと言われた。
うちの場合旦那さんの勤め先の本社が他県なので
その県の「全国健康保険協会○○支部」へ送ればいい、と。

けんぽの住所は以下のリンク先で確認できます。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/6,620,64.html

我が家の場合は今回月額報酬で引っかかるはずなので
5万程度出ればいいトコみたい。
で、標準の範囲だったら多分10万ちょい出てたはずです。

ま、残業代でその分稼いだわけだししょうがないけども
8月だったら10万ちょい貰えてたのにと思うと結構切ない…。
さすがにそこまで計算して子作りしないからねw

あと、今回は10/26〜11/5まで入院だったので
月をまたいでしまった分の4万ほどが合算できず
それがあればもっと返ってきたのになって感じです。
あと、4月から6月は働きすぎないようにwww(ナニソレ

もし予定帝王切開になる場合は
月末は避けて月の初めとか半ばにしてもらって
なるべく月をまたがないようにするべし!です。

あと、事前申請も出来るので
帝王切開だったら入院前か入院中に手続きして
退院時に上限額だけ払って帰るってのも出来るようなので
予定帝王切開の場合は特に事前申請がオススメです。
協会けんぽに問い合わせれば詳しく教えてくれるはず。

VBACについての感想と顛末

このブログ見てくれる人の中には
VBAC記事目当てに来てくれている方もそこそこ
居ると思うので、忘れないうちに
しっかり書いておきたいことを残しておきます。

  1. VBAC自体には失敗し帝王切開になりました
  2. 挑戦することが出来ただけで満足で後悔していません
  3. 経験した上で、VBACをむやみに奨める気はありません

以上の私の考えを理解した上でお読み下さいね〜

VBACへの挑戦

まずは、一人目が帝王切開になった理由ですが
逆子でした
改善せず、38週で陣痛が来ないように安静に過ごし
(とか言いつつ最後だからと遊びに行きまくりでしたけどw)
予定帝王切開での出産となりました。

最後まで逆子だったのは何がいけなかったんだろう
私が悪いのかとずいぶん自分を責めたり落ち込みました
無事に息子が生まれたのは喜ばしいけれど
「病院スタッフの方に取り出して貰った」と言う思いで
結果、私が期待していた「出産」とは大きく異なるモノでした。

そのギャップでかなり精神的には参りました。
私の精神はかなり強いと言うか図太いと言うか…
人からも言われるし自分でもそう思ってるのにこんなに凹むなんて
よっぽどショックなんだろうなと客観視してみたりしてね。
手術日が確定した日は涙が止まらなかったです
旦那さんが美味しいモノ食わせてくれてデジカメ買ってくれて
ようやく収まりましたけどw(収まっちゃったんかい!

切る前に先生から聞かされた話が
VBACのお話でした。
「うちは帝王切開になった人でも条件さえクリアすれば
次に普通分娩に挑戦することが出来ますよ」
と。

条件は至って簡単で
2年開けて、体重増加8kg未満で問題なさそうなら
って感じでした。
その為に子宮を横切開してくれると言うことも聞きました。

たまたまその時に一緒に入院していた方が
VBACで自然分娩に成功していたので
なんだか簡単に出来そうに考えてました。
帰宅して落ち着いてからネットであれこれ調べてみるまではw

VBACのリスク

問題はリスク面ですよね。
早速ネットで調べてみると、あれこれ出てきますが
不穏な単語が目に付きます。

子宮破裂

これはVBAC解説のサイトには必ず書いてます。
もう見ただけで怖いと思うような単語ですよね?
だって、子宮が破裂しちゃうんですよ?((((;゚д゚))こっわぁー!

で、それと共に「確率は0.3%〜3.8%」なんてのも見るけど
もし自分に起こったらそれって結果的には100%なんです。

実際に起こった場合には母子共に死亡リスクが…
特に胎児の死亡リスクは8割なんてデータも。
緊急で帝王切開しても子宮全摘出だとか
死亡する可能性があるので、そこら辺理解せずに
単純に「下から生んだ方が後が楽」 だとか言って
選択できるモノではないです。

その辺り理解した上で、だからこそVBAC中に
何かあったら速効で切って貰うつもり
で居たんですが
余りにショッキングな内容なので旦那さんには
そこまでストレートには言ってなかったです。

VBACに挑戦するけどちょっとでも何かあれば切るから

とは言っておきました。一応子宮破裂とかもあり得るんだよ
とは伝えてましたが、それでどうなるとかって数字は
アバウトにしか言わず…
なんせ帝王切開の術前説明で、心配の余り
貧血起こしてぶっ倒れた旦那さんですからw

実際にVBACで子宮破裂に陥り、胎児死亡例、母子死亡例が
あるんだと言うことを忘れないで欲しいです。

VBACの成否

ぶっちゃけ、運です。

成功する人は何もなくするっと下から産めるし
ちょっとでも何か危ないって兆候があれば帝王切開です。
ネットで見る体験談、や周囲の友人知人の経験談を聞く限り
成功率は高くない、と思います。
伝え聞くのは結局帝王切開したって話の方が多いんですよね。
まぁ、VBAC成功したってわざわざネットに書き残す人より
帝王切開になりましたって書き残す人の方が多いだろうけど
友人から直接聞いた4〜5ケースでも
駄目だったって話の方が私の耳には多く入ってきました。

こんなものに正直確率論は意味がないと思います。
100人中99人が成功してたって、自分が失敗する1人なら
そんな確率なんて意味はありません。
1人目帝王切開で2人目VBACの人と
1人目経膣分娩で2人目帝王切開、3人目VBACの人では
かなり結果や確率は違うとも思います。

  • 予定帝王切開(低リスク)
  • VBAC→陣痛で疲れた上に緊急帝王切開(高リスク)

もしなるとしたらどっちがいいかですよね、結局。
成功するって可能性ももちろんあるけど
失敗した場合のことを考えたときに
どっちが後悔しないかだと思います。

VBACから緊急帝王切開に

私の今回のVBAC挑戦では

24時間の陣痛
8cmで破水
順調に子宮口9cm
までお産は進みましたが
切迫子宮破裂の疑いで緊急帝王切開

と言う流れで、自然分娩は叶わずでした。
けど、途中まででも「出産」を経験できた感じで
前の予定帝王切開の時に残った悔いを
消化できました。

VBACを希望する方へ

ハイリスクであること、どのようなリスクがあるか
それを充分に理解して
即帝王切開可能で出来ればNICUの空きがある病院で
家族の理解も得た上で行うべきだと思います
実施病院はかなり少ないですが…

また、帝王切開になっても後悔しない心積もりで
駄目で元々、ぐらいの気持ちで
挑むのが良いかと思います。

帝王切開へ変更になった場合はどうせ即同意しないと
手術できない=リスクがどんどん高くなる、ので
帝王切開を覚悟してのぞまないと
いざ帝王切開って言うときに精神的にキツイと思います。

けど、成功したときの感動とかは普通分娩以上のモノが
あると思うので、リスクをふまえた上で
これからVBACに挑戦しようという人には
是非成功して、天国のような産後を過ごして欲しいと思います
頑張ってくださいね!

と、術後15日、まだまだ傷が痛くて時々痛み止め飲むか
迷ってる帝王切開後の私が言ってみるw

Home > 帝王切開・VBAC Archive

ランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ 人気ブログランキング
検索
カレンダー
« 2017 年 3月 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
年月別アーカイブ
  • ものぐさ無添加生活
  • 絵文字ネット
Googleリンク
参加サイト

Return to page top

アクセス解析