Home > 妊婦日記 Archive

妊婦日記 Archive

入院8日目

心地よい疲れに爆睡してました。
でも3時間おきぐらいに目が覚めてしまう。
最初だから気が張ってるんだろうなと思う。

今日はお見舞いの予定は1件だけだし
のんびり体を休めながら授乳に勤しめそうです。

昨日のように豪華な朝食を頂き、朝からシャワーへ。

朝食
0801.jpg●オムレツとロースハム
●大根サラダ
●焼きたてパン
●フルーツ?オレンジ?
●オレンジジュース
●コーヒーor紅茶

傷を考慮して、先生が縫合は体に解ける糸を使ってくれたんで
今日簡単に防水テープをはがして余分な部分をカットして
後は傷が治るまではガーゼをあてておくだけになり、テープの
突っ張る感じが取れてますます体が楽になりました。

相変わらずうちの子は授乳がうまくいかないです。
ま、あの10ccはまぐれだったと思って
やっぱり気長に頑張ります。
まぐれでも飲んでくれたので昨日やおとといほど
ストレス感じなくなってますしね。

昼食
0802.jpg●冷やしそうめん
●うなぎご飯
●香の物
●季節のフルーツ?梨?

ただ、他のお母さんは早いと20分で授乳終わるんですが
私は…

1.オムツチェックや計量後、とりあえず飲めなくても
   20分は乳を吸わせる
2.計量してみると、飲めていないので
  前回搾った母乳とミルクを哺乳瓶に入れて貰う
3.哺乳瓶からミルクを飲むのに約30分orz
   ↑ここが時間かかりすぎ。
4.ゲップさせてオムツチェックして赤ちゃんをベッドに
5.飲んで貰えなかった母乳を搾乳器で搾って終了。

とりあえず1時間強かかります。
なのに2時間後には泣いてるんだよ。・゚・(つД`)
せめて他の子みたいに哺乳瓶から
5分や10分で飲んでくれれば楽なのに。

吸飲が上手くできない理由は何か助産婦さんが
色々と診てくれたんですが

・私の母乳マッサージは問題なし
・母乳もサラサラで飛ぶほどよく出てる
・乳首も吸いやすい形状、やわらかくなってる
・搾乳もしっかり出来てる

と、私の方には問題がないので

・息子の口が小さめで、舌が短い
・黄疸で一度体力が落ちたが
 まだ回復しきっていないかも?
・なので体重が増えて
 大きくなればよく飲めそう

ってことなので、退院時にまだ
吸えてない可能性大(;´д`)
仕方ないので電動搾乳器のレンタルを
申し込みました。新生児の1ヶ月だけ。
一部要消毒のパーツはレンタルできず
買い取りになるんで合わせて約8000円

疲れて母乳の出が悪くなっても
本末転倒なので、疲れない程度に頑張ろう。

もう最近入院日記というよりも授乳日記だw
けど、母乳にしたかったんで、この病院みたいに
母乳育児に熱心だとありがたいです。

授乳疲れでウトウトしていたらおやつが到着。

おやつ
0803.jpg●自家製わらび餅
●日本茶

大好物、自家製って味で(゚д゚)ウマ。

その後、友人がお見舞いに来てくれました。
そしてまた色々頂きました。
晩飯をサクサクっと食って…って!
初日の晩と全く同じメニューだったw
確かに自然分娩なら2週間居ないしなぁ。

夕食
0804.jpg●黒毛和牛もも肉のステーキ?淡路島産オニオンのシャリアピン風?
  中はレアなんです、一口食ってから断面を撮影してみた。
●ミネストローネ
●本日のサラダ?オーガニックベビーリーフ?
●季節のフルーツ?グレープフルーツ半個?

旦那が仕事後到着、授乳時間が近かったので
先生がガラス越しに息子を起こしてくれて
旦那はようやく両目を開けてる息子を見れましたw

旦那は幸せそうに帰って行き、私は授乳。
今夜は解禁になったタンポポコーヒー飲んで
ゆっくり寝て、乳が張ったら搾乳して
昼間はまた息子に吸って貰えるように
授乳を頑張る予定。

入院7日目

今日から豪華な産科食が始まります。
張り切って写真を撮り続ける予定ですw

朝食
0701.jpg●焼きたてパン
  マジで焼きたてでした、あったかいサクサクのパン。
●さやえんどうのサラダ
●フライドエッグ
●フルーツ?バナナ?
●紅茶とコーヒー(セルフ)

※本当はここに+牛乳とヨーグルトなのですが
私が牛乳駄目なのでグレープフルーツジュース
と、ベーコン1枚追加になってます。

朝方また一人赤ちゃんが誕生していて
この病院内だけ異常なベビーラッシュです。
周りのお母さんはどんどん自律授乳になり、正直
取り残されていく感で凹み気味。看護師さんというか助産師さんのアドバイスを
色々聞くと、息子の口が小さめで
更に舌が奥にいきがちなので、吸えてないらしい
私の乳は張って搾乳が必要なほどしっかり出てるし
マッサージで乳首も柔らかくなってるし…
なら、どうすればよかですか…!!気長に頑張れ。でも体力と気力が目に見えて減ってます(´・ω・`)と、明け方ここまで書いて朝11時の授乳へ行ったところ
初めて飲んでくれました、しかも一気に10ccも!
てことで、次飲んでくれるかどうかはともかく
自律授乳に切り替える事になりました。
ま、まぐれだったんですがw

次の授乳はいつ呼ばれるか分かりませんが
ひとまずホッとする事が出来ました。
毎日色んな事に一喜一憂、あっという間に
入院期間が過ぎていきます。

11時の授乳中
日曜日だったので父が来てくれました。
久々にのんびり二人で話して
豪華な昼飯を目の前でガツガツ食べて

昼食
0702.jpg●有機栽培のレタスチャーハン
●海鮮シューマイ
●中華スープ
●季節のフルーツ?キウイ?

父は腹減ったわ、と言いながら帰っていきましたwこの日は日曜日だったのでお見舞いラッシュ。
授乳と面会に追われ殆どベッドで横になれない状態でしたorz
母乳のためにも休養は必要なのですが、仕方ないわな。まず旦那や家族が差し入れに美味しいケーキを。
友達が夜までに計6人も来てくれて
お花やお菓子、手作りケーキやお祝い等々
色んなモノをもらい、楽しくおしゃべりして
息子を見て貰って、写真も見せてw
親バカに付き合ってくれて楽しかったしありがたかったです。そんな中でもしっかりとおやつ食べましたけどね(*´ー`)

おやつ
0703.jpg●自家製プリン
   カラメルがちょっと固まってて
   自家製って感じでめちゃうま。

●コーヒーor紅茶

そう、この産科食、おやつまであるんですよ!
今日だけで差し入れも含めると
相当なカロリー摂っちゃいました…。さすがに夕食は全部食べきれなかった。

夕食
0704.jpg●季節の天麩羅盛り合わせ
●有機栽培茄子のごま味噌和え
●とろろ芋
●茶そば
●しそご飯
   今回だけ特別に出産祝いの
   お赤飯になってました。

●フルーツ?マンゴー?

相変わらず美味しいけど、さすがに全部食べられず。授乳は自律授乳になったけど、結構きっちり3時間ペースで
まだちゃんと吸ってくれないから搾乳まで合わせると
1時間かかるんですね、要するに間は2時間しか空かない。
かなり体力が削られてます。看護師さんの助言で
夜中1回だけ休む事にして就寝。

入院6日目

普通分娩の人はあさってには退院だそうですが
私はまだ半分も経過してないです。
14日間入院の予定なので、13日目に退院を目標にしてます

さて、術後5日目、おっぱいが張ってきて
腹の傷よりも痛い…!母乳が出て安心したけど
予想外に痛いです。熱も持ってる。
ブラ付けるとちょい楽になるので、母乳パッドも装着。
マタニティブラ買っておいて良かった…。
でも後で結局外す事になった。ノーブラの方が
胸が柔らかくなるので良いらしい。
母乳が順調に出るようになるまでは
ノーブラ生活です。

今日から普通食、これでお粥から解放です。

採血などを済ませて、あとは授乳タイムを待つだけ。
あまりに張って痛いなら早めに来てもいいよと
看護師さんが言ってくれたので、早めに行く。

息子の黄疸治療は一旦停止、様子を見て
大丈夫そうなら自律授乳になるそうです。
泣いたらナースコールで呼び出されるとか。
当然夜中もだそうです…

搾乳器で母乳を絞って貰って乳が楽になる。
でもって絞った母乳は次のミルクに
足してくれるとか。
まだ全く母乳飲めてなかったので嬉しい。
看護師さんみんな丁寧にフォローしてくれるなぁ。

乳搾り後、子宮が収縮して痛いので
鎮痛剤を飲む。午後から母乳マッサージを
して貰うので、鎮痛剤無しで過ごすのは
今日は流石に無理だと思った。

後はひたすら授乳の度に搾乳…orz
乳首がかたいのかなぁ、うまく飲んでくれない。

旦那は今日も来てくれて、毎日来てくれてる
なんか、授乳が停滞してる感じなので
顔見るだけでもちょっと安心したりする。

明日からは自律授乳になるかも知れない。
泣く度に呼ばれるようになっても、飲んで貰えなかったら
ちょっと切ないな?。

看護師さんも焦らずいきましょうと言ってくれるし
焦っても仕方ないと頭ではわかってるんだけどね…。

入院5日目

下剤効果で出るわ出るわ。でも柔らかいので
お腹には響かず、良かった…。
昨夜ぐっすり眠ったので少し楽になってる。

朝飯は普通のおかゆ。半分ぐらい食ったらなんか
腹一杯のような気がして、と言うか熱もないし
気分的に病人じゃないのでマズくて
そんなたくさん食えないのですよ(´・ω・`)

授乳は3時間おきで24時間行けるんですが
傷が治るまでは回復優先で、朝から夜まで行きます。
もちろん体調が悪いなら行かなくてもOK。
けど個室はいるほどお金に余裕無くて
母子同室にしてないから、子供に触れるのは
授乳時だけなのですね。
まぁむしろずっと一緒の方がしんどいんで
別室にしておいて良かった
けど。

てことで8時の授乳。母乳は絞ると滲む程度なので
まだ飲ませるとか無理だけど、ようやく乳首を
うまく吸ってくれるようになった。
マッサージ頑張ってやってるんでその効果かも?

午後、助産婦さんがマッサージしてくれた後、授乳したら
かなり出るように…。驚き。

タンポポコーヒー禁止令が出るぐらい乳も張ってます。

でも今度は息子が黄疸出ちゃったので
眠そうで余り吸ってくれず。
先は長いので焦らず頑張るしかない。

今日からシャワー解禁。(*´д`)しあわせ。。。
大部屋に移動、TV見るのにイヤホンが必要に。
お腹は下剤でピーゴロ。
くしゃみは我慢しないと危険だと判明。腹に響く。

シャワー室で自分の腹を見て、ほんとに元に戻るのか
激しく不安になる
が、まず傷を治さないと
リフォーム下着とか痛くて無理。(結局2年経過しても戻ってない…。)

母に頼んで果物を持ってきて貰った。
今日でこのマズイお粥ともおさらばです、良かった…。

息子に黄疸が出たので、光線治療する事に。
同意書にサインしました。治療に署名が必要なのですね
ちょっとびっくりです。
びっくりと言えば、私は痛みに鈍感なのか
明らかに他の帝王切開の妊婦さんよりも元気です。

聞いてみると私と同じ日や翌日に切った人は
今日ぐらいまで痛み止め1日3回は手放せないようなんですが
私初日から今日まで5回しか使ってない…。

今日は鎮痛剤無しで1日が終わった。
けどかなりお疲れで、23時の授乳は辞退して
また朝の授乳に備える事に。

しかし、とうとう今日で赤ちゃんが9人になったそうです。
こんなに多いのは珍しいそうで、先生も看護師さんもかなり忙しそう。
普段はもっと丁寧にケアしてるんだろうなー
なんか損した感じ(^_^;
何度か忙しくて予定が押したりしたんですが、その度に
看護師さんが申し訳なさそうにしているんで
不満は無かったです。気の毒なぐらい忙しそうだったけどw

面会時間ぎりぎりでしたが旦那と、旦那の同僚さん達が
お見舞いに来てくれました。
旦那のメロメロぶりが面白いと言われました、確かにそうだわ。
面会後は慌てて授乳に行きました

入院4日目

昨日は2回鎮痛剤飲んでますから、結構元気でした
今朝はなるべく飲まずに過ごそうと決めました。
鎮痛剤飲むと寝てしまうんです。
それに、つい無理するから良くないし。

案の定、昨日よりしんどいです。
でも基本キツイのはベッドの上り降りだけ。
1分程度の瞬間のために鎮痛剤は飲めないんで
よっぽどじゃないと飲まないようにして過ごす。

朝7時、3分粥を食べる。米が幸せ過ぎる。
8時、授乳室に行く。
11時、授乳室に行く。
12時、また3分粥、朝食のような感動はない…。
13時、術後初シャンプー。幸せ。
14時、疲れて授乳室に行けず。
17時、授乳室に行くが途中でギブアップ
18時、マズイ3分粥を飲み干す。
19時、検温で38度↑の発熱発覚。
どうしてこんなにしんどいのか分かった気がして
20時の授乳も辞退。
と同時に旦那が仕事帰りに来てくれた。

二人で息子を眺めて「爆睡してばっかりだな…
と、他の動きまくる子達と見比べておりました。

寝る前に処方された下剤を飲んで、ふと気付く
これって下剤効いたらトイレに行く→傷が痛む
って展開になりそう。と。
ついでに鎮痛剤も飲んで、暫くしてトイレへ。
鎮痛剤が効いてるのでさっさと用を足して
時計を見ると23時の授乳が近い。

せっかく鎮痛剤使ったし、熱が下がってたら
授乳に行こうと熱を測らせて貰う。
37.4まで下がってたので、これなら
授乳ぐらい平気ですよと言われ授乳室へ。
目標の40分以内に終わらせて部屋に戻って爆睡。

今日気付いたけど、妊娠中に後半ずっとあった
「カチワリ氷をガリガリかじりたい欲求」が無くなった。

入院3日目

昨日と比べるとかなりマシな状態で目覚める。
ただ、おならが出るまでは絶食。点滴がご飯。
拷問ですか?と思ったけど翌日考えが変わる。
腸が動いてちゃ傷に響いて地獄だったと思う。

朝から導尿外して、点滴を次々入れられる。
鎮痛剤飲んで立ってトイレまで歩き
別室の息子をガラス越しに拝見。

導尿を外すと歩いて貰わないと駄目だと言われたけど
歩いて激痛に耐える方が導尿の不快感よりマシだと思ったので
迷わず外して貰った。
膀胱炎に何度もなってるような体質なので
導尿自体にあまり耐えられそうになかったってのもアリ。

歩けるようになって初の授乳指導も受けて、息子とスキンシップ
この日は2回授乳に挑戦。
当然出るわけ無いが吸わせる練習なので
気にせず吸わせる。

オムツ交換や授乳練習、哺乳瓶でミルクをあげたり
そしてそれを40分以内で出来るようになるために
練習していくそうで、先は長い…。

でも思ったよりも赤ちゃんは体がしっかりしてる
もっとふにゃふにゃで力もないと思っていた。
お陰で結構扱いやすい。

午後になって点滴していた左手の手首の血管が限界に
液が入ると赤くはれて、冷えていく。
血管が細いせいであと500mlが耐えられず別の場所に。

でも血管が細いので注射の下手な看護師さんには
結構難しい腕なのです。でも来てくれたのは
注射が苦手そうな看護師さんw
苦手そうなのが気配で分かったんで、遠回しに
他の人に替わって的な事を言ったのですが
必死で血管探して失敗しつつ何とか入れていった。
翌日青タンになってたけどねーヽ(´ー`)ノ

しかも利き腕に入れられて2時間動けなかったんですが…
*そのすぐ後、私の担当看護師さんは別の点滴を
  反対の腕に1発で入れてましたw好きだー。

で、動けなくなった後、突然元上司のT氏がお見舞いに
T氏のところも最近第1子が1ヶ月検診を終えたばかり
ほやほやの先輩パパ。
そのすぐ後ぐらいに仕事帰りの旦那様も到着!
旦那も昔は同じ職場だったので3人で談笑。

T氏が育児とか嫁さんや姑さんのお話を
聞かせてくれるんですが、それBlogで書けば
書籍化出来るんじゃないの?ってぐらい面白い。

面白いという事は、笑うわけです。

お腹切った事がある人はわかりますよね。
笑い地獄。

笑うたびに傷が「ズキッ
含み笑いしても「ズキズキズキッ

面白くなればなるほど痛いという笑い地獄。
馬鹿笑いしてる旦那が羨ましくって、ちょっと恨んだ。
T氏は…面白いから許すしか。

そんな中、私の母が本日2回目の登場。
おならが出たらプリンぐらいならOKと看護師さんに
言われてたので、一度帰宅した母に
プリン買ってきて!!って頼んでたんですね。

まるっきりお子様な行動だってのは分かってます。
…旦那とT氏に笑われました。

でも、食事は点滴でなく経口で摂らないと
心が満腹にならないんだよー!。・゚・(ノД`)

おならも出て、活発になった腸に傷がうずいて
寝る前に痛み止め飲みました。

入院2日目

いよいよ手術当日。

朝から絶飲食です。まだ大部屋にいるので横のベッドからは
美味しそうな朝食の匂いが…

6時起床、検温や血圧、赤ちゃんの心音モニターなどしてるうちに
旦那が来た。少し緊張が和らぐ、続けて実母も登場。
9時になり点滴を持ったまま導尿処置。
初めての導尿で最初違和感がありましたが5分で慣れる。
点滴と違い、速く外れて欲しいとは思った。

一気に病人らしくなったところでストレッチャーに乗り
手術室へ移動。
手術室前で旦那と母に「いってきまーす」と声をかける。
出るときは二人なんだと思うと不思議な感じ。

初めての手術室。結構ドキドキしてきた。
事前に渡していたCDがかかってる。
癒し系にしておいて良かった。

「さすがに緊張してきた。」と言うと
担当の看護師さんが手を握ってくれる。
それだけでもかなり安心できる私が単純なのか
みんなそんなもんなのか、よくわからないけど安心。

執刀医は2名、二人とも信頼してる先生なので
その点では不安はあまりない。
しかも一人は美人女医w

噂に聞くところ、「めちゃくちゃ痛い」腰椎麻酔開始。
出来るだけ背中を丸めるが、でかい腹で大して丸まれない。
私注射平気です。
確かに長めの針が入る感覚は気持ち悪くて
余り経験したいモノではないけど、たいして痛くない(^^;
「おおー、変な感じ」とか言うだけで終了。

だんだん感覚が麻痺していき…
胸の下までや、手先が肘までしびれる。先生や看護師さんに
何度も「息苦しくはないか」と聞かれるが
「そこまでは効いてないから、大丈夫です」と元気にお返事。
麻酔が効きやすい事は事前に言っておいたので
特に追加で麻酔を入れる事もなく…いよいよです。

ここから先は手術中の感想。
苦手な人は飛ばしてね。

意識化の手術なので、全て丸聞こえですが
逆に言えば自分の状態を訴える事も出来るので
安心感もあります。

メスが入り、引っ張られるような感覚を腹部に覚える。
とにかく引っ張られる感じ。横を向くとステンレスの棚に
ちらちらと患部付近が映ってたりするが
さすがに余り見ると気持ち悪そうなので、チラ見にする。

出血はするが妊婦は1?2?増血してるので輸血は
なるべくしないで切っていく。
私の病院では「腹部は縦切り、子宮は横切り」でした。
理由は帝王切開コーナーで。

さて、当然出血すると血圧が変わります。
私は基本が低血圧で、妊娠中少しは上がったものの
上がっても、下60台、上90台でした。
血圧がどんどん下がって気分が悪くなっていく。
「あー、なんか血の気が引いて気分悪くなる
貧血みたいな感じで気分悪いですー。」
と、冷静に自分の容態を訴える。
吐きそうか聞かれて
「いや、吐きはしないですが…頭がふらふらします。」
だってその時血圧が下30台上80台。

先生の指示で点滴に薬が入り、徐々に盛り返す血圧と気分。
やー、確かに痛くないけど体力使うわ。とぼんやり考える。

いよいよ赤ちゃんを取り出す段に。

「お腹、力一杯押すから、我慢してね!
もうすぐ赤ちゃん出てくるからね!」

「はぁい」(押す…?)
血圧のアップダウンで疲れつつも返事をした途端…

ぐいぐいとお腹を、マジで力一杯押される。
目を閉じて、歯を食いしばって耐える。

「ふぇ…」

お腹当たりから赤ちゃんの声。

「ふぇーん、ふぁっ…ふぎゃぁーーー」(産声)
「産まれましたよー!」

「うっわぁ、感動してきたぁ?」と間抜けな感想を漏らす私。
もうね、苦しいとか忘れて感動。でも体力はかなり限界。
顔の横に生まれたての息子持ってきて貰うけど
腕が痺れてて手を動かせない…私、麻酔効き過ぎorz

看護師さんが、渡しておいたデジカメで
写真を撮ってくれたけど
カメラじゃなく、ずっと息子ばかり見てしまう。
変な写真になってたと思うが気にしない。

ここで息子は旦那と母の元へ移動
私の腹を閉じる作業に。
ここからはどうでも良いのでウトウトした。
この辺りで一気に疲れと苦しさが出たかな

ようやく手術終了、疲れ切りました。

縫合が終わって別室へ移動して
カンガルー抱っこで親子揃っての記念撮影
その後病室を個室に移って、ひたすら点滴
義父母が来てくれたので少し話して
その後はうつらうつら寝かせて貰いました。

義父母や母が帰宅して、旦那だけ残ってくれて
腰が痛いけど麻酔と痛みで寝返りが打てないので
寝返りさせて貰ったりしてました。

その日は筋肉注射の痛み止めと
寝る前に座薬の痛み止めを貰い就寝。

Home > 妊婦日記 Archive

ランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ 人気ブログランキング
検索
カレンダー
« 2018 年 6月 »
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
年月別アーカイブ
  • ものぐさ無添加生活
  • 絵文字ネット
Googleリンク
参加サイト

Return to page top

アクセス解析